婚活で別の人を探しつづけた結果!いい人に出会えるのか!

カップル2

私は婚活をしているときに、ずっと別の人を探し求めていました。いい人に出会っても、もっといい人がいるのではないかと考えてしまったのです。そのため、いい人でも別の人を紹介してもらうことが何回も続きました。その結果として、いい人に出会えたかという体験談をここでは書いていきます。

私と同じように別の人を求めている人は必見です。

婚活で条件だけで探すよりは性格や相性も重視することが大事

婚活では条件に合う人を探すのは普通です。条件に合わない人を紹介されても、上手くいかないこともあるでしょう。しかし、条件に合わないからといって、その人をすぐに切り捨てるのはもったいないです。条件が合わなくても、相性や性格が合うことは決して少なくないからです。

結婚を意識するなら、条件よりもそのような相性なども重要になってきます。その要素を確認しないでバッサリ切り捨ててしまうと、どんな人とも上手くいかない可能性が出てきてしまいます。条件がぴったり合う人は多くないですし、条件は合っても性格が合わなければ付き合うことにはならないでしょう。

そう考えると、条件と同じくらい相性や性格は重要なのです。いい人を探すというのは、そのような要素を含んだトータルで選ぶことが大事です。私は条件だけを重視していて、他の要素をあまり考えていませんでした。条件だけを考えていたら、条件を満たす人がすぐにいなくなったのです。

それはどんな結婚相談所でも一緒でした。条件に合う人がいなくなったら結婚相談所を変えていたのですが、結婚相談所を変えても条件を満たす人はすぐにいなくなりました。結局、条件を緩和するようにスタッフさんに言われて条件を緩和した記憶があります。

しかし、緩和してよかったのです。そのおかげで相性の合う人に出会えました。条件を緩和していなかったら、そんな人たちとは出会えなかったでしょう。

別の人を探すことはやり過ぎると信用をなくす

条件を厳しく設定していたときに、何度も別の人を紹介してもらえるように結婚相談所に相談していました。その度に、結婚相談所はいい人を紹介してくれたのです。始めは笑顔で対応してくれていたのですが、回数を重ねる毎に笑顔がなくなっていきました。

何度も別の人という私に不信感を持っていたのだと思います。結婚するならいい人を探すのが当たり前だと思っていた私は、妥協をすることをしなかったのです。そのため、その妥協をしない相手探しに結婚相談所は付き合っていたことになります。

私はそれが妥協しないことだと思っていましたが、相談所からすればどんな人を紹介しても納得しない偏屈な人と考えていたのです。ある時を境にぱったりと紹介してくれなくなりました。それは結婚相談所が私から離れていった証拠でした。

今考えれば、その行為は正しいように思えます。何度紹介しても上手くいく気配すらないのです。それどころか別の人を何度も紹介するように言うのは、クレーマーと考えられたのかもしれません。そこで、私の方が間違っていると分かったのです。

別の人を求めるときりがない

私は結婚相談所に見放されたときに気づいたことがあります。別の人を求め続けても条件に合う人はなかなか見つからないし、完璧な人に出会えることは奇跡に近いことだと分かったのです。それを結婚相談所に強要していたのですから、私が見放されても文句は言えません。

私の考え方としては、完璧な人が現れるまで紹介を続けるべきだという高飛車な考え方でした。しかし、そんな考え方ではいい人に巡り会えるわけはないのです。別の人をどんどん紹介してもらって、切り捨てた人たちのことを考えたこともありませんでした。

よく話してみたら、運命の人がその中にいたかもしれません。そこまで分かる前に別の人と言っていたので、その答えは分からずじまいになりました。別の人を求めた自分が悪いのですから、そこは受け入れるしかありませんでした。

私が愛想をつかされたあとに結婚相談所から言われたこと

結婚相談所は私を見放したと思っていましたが、スタッフさんが私のために時間をかけて対策を練ってくれていたのです。その空いた時間が見放されていると思い込むきっかけになりました。対策を練ったスタッフさんが言ったのは、私が考えていたことと同じことでした。

一人一人との出会いを大切にすることが、結婚のパートナーを見つけるポイントだと諭されたのです。そのときには頭が冷えて、その言葉の意味を理解することができるようになっていました。結婚相談所に登録したのは結婚するためであって、完璧な人と出会うためではありませんでした。

そう考えてみると、スタッフさんからの言葉の意味が良く分かりました。それが分かっているのであれば、また頑張りましょうと言ってもらえたのは嬉しかったです。そうして、次の出会いに向けて頑張る体制が整ったのです。

手遅れになる前に気づくことが大事なこと

私はスタッフさんに見放されたと思い込んだときに、別の人を求めるよりも大事なことがあると理解できました。しかし、ほとんどの人はそこに気づく前に手遅れになってしまいます。結婚相談所から見放されて、相談所を転々とする人もいるでしょう。

そうなってしまうと、意地になって完璧な人を探すことになります。どこかのタイミングで私のように、何のために結婚相談所に相談しているのかを考える必要があるでしょう。それが分かると、結婚までの道のりが開けます。

気づくのが遅れてしまうと、結婚相談所が相談を受け付けてくれなくなるかもしれません。私はいいスタッフさんと巡り会えたために、手遅れにならずに済みました。そのようなことが誰にでも起きるとは限りません。そうではなく、自分で気づくことが大切なのです。

婚活をする目的を忘れないことが大事だった

私がずっと別の人を求めていたら、婚活は終了していたかもしれません。誰とも上手くいくことなく、諦めて終わっていたでしょう。そうならなかったのは、婚活の目的を覚えていたからです。元々私は結婚したかったから婚活を始めたのです。

それをどこかのタイミングで忘れてしまっていました。それが思い出せたことが婚活が上手くいった要因です。

婚活を成功へ!異性が評価するポイントは?

結婚したいなら別の人よりも愛せる人を見つける

別の人を求めた私の婚活生活は失敗に終わりました。しかし、その失敗のおかげで、愛せる人を見つけることが大事だと気づけたのです。また、別な人を求め続けても周りから見放される可能性が高いです。そうではなくて、結婚したいなら一人一人としっかり向き合って、探していくことが重要なポイントになります。